福井県 食育教材に県内文化 石塚左玄の教えを軸に

福井県教育委員会と県学校栄養士研究会が制作していた、小中学校向けの食育教材「ふくいこども食育チャレンジ」が完成した。福井市出身の医師、石塚左玄の教えや県内の食文化を盛り込み福井ならではの教材に仕上げ、県オリジナルの食育教材は全国でも初めて。

 

教材はA4判、186ページ。日本で初めて「食育」の言葉を本に記した石塚左玄が提唱した「地産地消」「食物を丸ごと食べること」など六つの教えを軸に調理法や食の作法、知識、福井県の食材などに関する問題が掲載されている。

 

栄養教諭と学校栄養職員でつくる県学校栄養士研究会が2014年に小学生向けの食育チャレンジを作り、15年度から試験的に実践。今回は県教委が内容を精査しながら中学生版を加え、各小中学校に配布することに、インターネットでの公開も予定している。

 

教材の活用法を県内の栄養教諭、学校栄養職員に周知する研究会が2月24日福井市の県立図書館で開かれた。