入学と進級をお祝いしてお赤飯の学校給食

 岡山県立倉敷まきび支援学校は、学校給食を毎日アップしています。
横山宏子・栄養教諭(第11回大会決勝大会出場 優秀賞・タニコー賞受賞受賞)からの報告です。

 

4月25日(火)はお赤飯、牛乳、さわらの照り焼き、たけのこの木の芽和え、すまし汁でした。
きょうは、入学と進級をお祝いしてお赤飯の献立です。日本のお祝いでかかせないのが、このお赤飯です。

 

さて、きょうのお話は、たけのこの木の芽和えです。木の芽とは、山椒の若葉のことです。アゲハチョウの幼虫はこの新芽が大好きです。栄養がある物をよく知っています。たけのこは、生のたけのこを米ぬかであく抜きをして、下味をつけるという手間をかけています。独特の香りで小さいお友達は、苦手かもしれませんが、季節のお料理です。少ししかありませんから、がんばって食べましょう。

 

こちらに、過去1年半の学校給食が掲載されています。http://www.makibisien.okayama-c.ed.jp/wordpress/…