ナビゲーション

主催者紹介・挨拶

特定非営利活動法人21世紀構想研究会の紹介

知的基盤の強固な研究現場と産業振興の技術革新を実現し、真の科学技術創造立国を確立するため、適宜、研究テーマを掲げて討論する場として、1997年9月26日、21世紀構想研究会はスタートしました。

研究会の会員は、主としてベンチャー企業、行政官庁、大学、マスコミの4極から参加し、毎回、活発な議論を展開して来ました。

研究会で得られた成果を社会に訴えて啓発をはかりながら、国の政策にも結びつくように活動するという目的も、回を追うにしたがって明確となり、政府審議会のパブリックコメントなどにも積極的に発言するようにしています。

研究会は、2001年6月に東京都から特定非営利活動法人として認められ、適宜テーマを定めて活動を続けています。

会員数は現在約100人であり、アドバイザーとして、荒井寿光・元内閣官房知的財産戦略推進事務局長、安西祐一郎・前慶應義塾長、黒川清・元日本学術会議会長、銭谷眞美・元文部科学省事務次官、利根川進・MIT教授、吉川弘之・JST研究開発戦略センター長の方々にお願いし、適宜、活勤への助言をいただいています。

研究会は、本研究会のほか「生命科学」「産業技術・知的財産権」「教育」の各委員会があります。教育委員会は現在、食育の向上と地産地消の奨励を目的とし、教職員の目標、生きがいとなるように学校給食のコンテストである「全国学校給食甲子園」を開催しています。

主催者挨拶

2015年12月に開催された第10回全国学校給食甲子園®大会は、全国から2054通の応募をいただき、盛大な開催となりました。 新聞、テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットなどのメディアで大きく報道されて多大な反響をいただきました。
ご応募された全国の学校および給食センターの方々をはじめ、開催に向けてご支援いただいた関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

本大会は学校給食で提供されている献立内容や、地場産物の活かし方を競いながら食育を啓発することを目的としております。 同時にこの活動を通じて、地域の活性化につながることに貢献したいと考えております。
また本大会が給食に携わる栄養教諭、学校栄養職員、調理員の皆様の励みとなり、子供たちや父母、 学校の教職員全体に生きがいや活力を与える大会にしたいと考えております。
育ち盛りの児童生徒の健全な食生活を考えながら、多くの方々に学校給食の重要な役割を知っていただく機会にしたいと思います。

第11回大会も、より一層の成果をあげて食育推進の一助にしたいと考えておりますので、皆様のいっそうのご理解、 ご支援をお願いいたします。

特定非営利活動法人21世紀構想研究会
理事長 馬場錬成(元読売新聞論説委員)

協賛企業
  • 株式会社久原本店グループ本社
  • SARAYA
  • 一般財団法人Jミルク
  • 味の素株式会社
  • タニコー株式会社
  • 株式会社藤江(ふじのゑ)
  • 一般財団法人教職員生涯福祉財団
  • 菜友
  • 株式会社日本一
  • 武蔵エンジニアリング株式会社
  • 株式会社ヤクルト本社
  • AIHO アイホーの調理機
  •  アサヒグループ株式会社(アマノフーズ)
  • NAKANISHI
  •  シマダヤ
  •  全国学校給食協会
  •  一般財団法人創英IPラボ
  • 株式会社フジマック
  • みそ健康づくり委員会
  • 森永乳業株式会社
  •  ラバファルト株式会社
  • 理研ビタミン
  • 学校給食用食品メーカー協会
  • 学校食事研究会
  • キッコーマンバイオケミファ株式会社
  • 一般財団法人機能水研究振興財団
  • 株式会社教育新聞社
  • 三信化工株式会社 あんしんを約束 おいしいを演出
  • 新日本厨機
  • 全国蒲鉾水産加工業協同組合連合会
  • 日本産・原木乾しいたけをすすめる会
  • 三浦工業株式会社
  • 三島食品株式会社
  • ミドリ安全株式会社
  • 株式会社ワコウ
協力
学校法人香川栄養学園
主催
NPO 21世紀構想研究会